一日だけ試しに断食をしてみて分かった事

 

 

昼ぐらいにお腹がすいた状態になったが、余裕で食事をする事を我慢できました。夕方頃になってくると、口の中がいつもより違和感を感じるようになって、食べたいと思う気持ちが強くなりました。

 

 

さらに食事を我慢していると、夜間には通常の状態よりも唾液が多く分泌された状況で、お腹がすいたという状態をさらに強く感じる事になりました。就寝する時はお腹の空く状態になっていて、しばらくは眠れない状態であって、食べる事に我慢できない状況でした。しかし、一切食事をしないで温かい水などを少しのみとお腹の空き具合が緩和されて、眠れる状態になりました。

 

 

寝ている最中において、お腹の空いている状態で途中で起きる事がなくて、朝になったらお腹が空いている状態になっていなかった事には驚きでした。一日断食を体験して、お腹の空く状態を我慢していると、自然に食べたいと思わなくなってくる事が特徴です。しかし、食べ物を口に入れないでいると夜間ぐらいには食べる事に我慢できなくなる状態になって、お腹が空く状態が長く続いた事がとても辛かったです。